• 歡迎訪問南京易鳴機電設備有限公司官方網站!

    企業郵箱管理入口

    搜索

    Copyright ? 南京易鳴機電設備有限公司 All right Reserved.
    進出口業務部:(86)025-85352928 國際國內業務部:(86)025-85352938 市場營銷部:(86)025-86407655 公司傳真:(86)025-85357490
    南京易鳴機電設備有限公司中國首頁:http://www.rmspy.com 地址:南京市浦口區柳州東路211號2-3102室(地鐵3號線柳州東路站向東500米)
    日本原裝進口工業設備儀器儀表專業供應商:南京易鳴機電設備有限公司(http://www.rmspy.com
    版權所有 南京易鳴機電設備有限公司 蘇ICP備09035469號

    • 新聞

    資訊分類

    >
    >
    >
    日本柴田科學SIBATA水質計AQ-202

    日本柴田科學SIBATA水質計AQ-202

    分類:
    行業新聞
    2021/08/06 15:14
    【摘要】:
    日本柴田科學SIBATA水質計AQ-202

    溫馨提示:以上參考價不是實際價格,需要詢價或訂貨時請與賣家確認實時價格,謝謝!

    日本柴田科學SIBATA水質計AQ-202

        南京易鳴機電設備有限公司是一家集營銷的綜合型貿易公司,注冊資本300萬,公司擁有穩定、高效、優質、快捷的供貨渠道。易鳴主營日本原裝全新的進口工業泵、電磁閥、傳感器、UPS電源、流量計、加熱器、儀器儀表、連接器、變壓器、信號燈、壓力開關、工類耗材、機械設備及安全防護等,歡迎新老客戶來電或在線咨詢。
    南京易鳴機電設備有限公司   聯系人:韓經理   手/機:189-0158-9530(VX同號)  Q/Q:197-914-3812

    柴田科學株式會社
    產品品牌:日本柴田科學SIBATA
    產品名稱:粉塵測定儀、粉塵儀、粉塵計、恒溫水槽

    ハンディ水質計“アクアブ”シリーズは、操作が簡単な水質測定器です。濃度換算曲線があらかじめプログラムされていますので、検水を用いたゼロ點校正のみですぐに測定できます。また、ユーザー校正モードにすることで、2點校正も可能です。測定値を99點までメモリ(記憶)できます。
    ●ハンディで簡単なキー操作
    ●測定値のメモリが99點まで可能
    ●見やすい大型液晶搭載で、モード狀況、電池殘量も表示します
    ●オートパワーオフ機能
    ●ユーザー校正モード機能
    ●キャリングケース付


    8-5026-21 AQ-201  殘留塩素       0.00~2.00    
    2-7323-21 AQ-202  総殘留塩素高濃度 0~300
    2-7323-30 AQ-202P 総殘留塩素高濃度 0~300

    品目コード:080560-202
    型式:AQ-202
    測定項目:殘留塩素(高濃度)
    測定範囲:0~300mg/L
    測定波長:511±2nm
    測定原理:ヨウ素試薬による吸光光度法
    測定方式:透過吸収測定
    測定セル:φ24mmキャップ付きバイアルびん
    表示形式:デジタル數値
    光源:LED
    受光部:フォトダイオード
    データ記憶數:99點
    検水量:10mL
    測定時間:ゼロ點認識?濃度測定ともに約2秒
    自動OFF機能    キー操作終了120秒後自動電源OFF(手動も可)
    電源:アルカリ乾電池 単4×4本
    付屬品:粉體試薬25包 試料セル2本 単4アルカリ乾電池4本 キャリングケース クイックマニュアル
    寸法?質量:70(W)×142(D)×63(H)mm ? 約250g

    在線客服
    av在线网站无码不卡的,丁香社区成人,国语精品福利自产拍在线观看,两性色午夜视频,欧美 日产 国产精选 <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链>